❖ 騙されちゃダメ!ノンシリコンシャンプーの罠!あなたは知っていますか?

 

4c9d0daf6101a51b1340ad1e4c8de8f3_m

このサイトで今の所主に書いている記事はノンシリコンシャンプーの事です。

散々ノンシリコンシャンプーの事書いておいて今更なに言っちゃってんの?と思うかも知れませんが、別に私はこのサイトに訪問してくださった皆様に対して
「まんまと騙されて買っちゃいなよっ!!(º﹃º`)グヘヘヘ」なんて これっぽっちも思ってないです。
正直シリコンが入っていても入ってなくてもどっちでもいいです!(爆)

頭皮の状態・髪質など人それぞれですから、私がオススメしたからと言って誰にでも合う訳がありません。
そんなの当たり前です。

ですが、私の頭皮状態は健康とは言えない。そんな不健康頭皮の私でも合うシャンプーはあるんだよ!とか、使った結果私には合わなかったけど○○な所がよかったよ!とか そういう人柱的なことで ほんの少しだけでも何かを伝えられれば…と思っている今日この頃です♡

そして良い事だけを伝えるのではなく、ダメな所も正直に伝えて行こうと。
と言う訳で今回のタイトルにある「ノンシリコンの罠」について書こうと思います

 

前置きがもの凄く長くなりましたが、それでは本題へ

そもそもノンシリコンシャンプーとは?

成分にシリコンが含まれていないシャンプー。

成分表記一覧に○○メチコンと書かれている成分が入っていないものがノンシリコンシャンプー。

    (例)

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • アモジメチコン

 では、シリコンとは?

わかりやすく言うと コーティング剤の一種

髪の毛を覆い手触り感を良くしツヤを出す等の効果があります。しかし、髪を補修したり保湿する効果はなく、洗い流しが不充分だと頭皮の毛穴にシリコンが詰まり、薄毛や抜け毛の原因ともなります。

img2

photo credit:http://lapinet.jp/

 

シリコン・ノンシリコン どっちがいいの?

mmm2

photo credit:PIYOTASO

シリコン=✖
ノンシリコン=○ のようなイメージになっていますが、それは一概には言えません。

そもそもシリコンを入れる理由はシャンプーの洗浄剤が粗悪な為に、そのままだと髪の毛がキシむ。などの事を誤魔化すために入れるのだそうです(;´・ω・`)

なので「どっちがいい?」と聞かれれば、ノンシリコンシャンプーということは大切だけれども ノンシリコン=大丈夫 と安易に考えてはいけません。

なぜなら!

 

1番気にしなくちゃいけない部分は「洗浄剤」

注目するのは「合成石油系の界面活性剤(洗浄剤)」を使っているかどうか

 

代表的な合成石油系界面活性剤

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル(ラウレス)硫酸アンモニウム

「硫酸系」のシャンプーによく含まれている成分

泡立ちの強い硫酸系のシャンプーによく含まれている成分で本来は床の洗浄に用いられる強力な洗剤

使い方を間違えると頭皮の皮脂を取り過ぎたり、乾燥による皮脂障害の原因となり兼ねません。

 

水と書いた次に続いて上記の成分が使われていれば避けた方がよいと思います。
書かれている順番が早い、多くの種類が入っている、物ほどコーティング系であるとされています。

 

まとめると

  • シリコン自体はそこまで悪ではない。
  • ノンシリコンと書かれていても「洗浄剤」に注意すべし!
  • 「ラウリル」「硫酸」がつく成分を避ければ頭皮に良いシャンプーに出会える確率はアップする

因みに、「ノンシリコンシャンプー」であってもコンディショナーがそうではない場合がよくあります。
その場合は効果も薄くなるので注意してください。

 

シャンプー&コンディショナーはセットで使うもの!だと思い込んでいましたが、セットに拘らず 頭皮・髪によいシャンプーとコンディショナーを仕様する方がよいのかも知れませんね(;´・ω・`)

 

ノン合成石油系洗剤→ノンシリコンの順番でチェックするといいかも(。´・ω-)b

 

こちらもどうぞ➔髪の毛・頭皮によくないとされる成分は?

 


本日も長々とお付き合いありがとうございました。

でゎでゎ(´д`)ノ

Sponsored Link


おかゆです。
ヘアケア・ボディケア・アロマ関連のことなどをメインに書いています。

当ブログの更新情報をツイートするアカウントを作りました。たまに中の人がつぶやくこともあるかもしれませんが、基本は更新情報だけです。
お気軽にフォローお願いします♪