髪の毛・頭皮によくないとされる成分は?

代表的なよくないとされる成分

シリコン ○○メチコン等

※○○ポリマーという表記もシリコンやコート剤の可能性があるそうです。
例:ジメチコン
  シクロメチコン
  アモジメチコン
  シリル化ケラチン
  ジメチコンクロスポリマー
  ジメチコンポリオール
  ジメチコノール
  シリル
  シラン
  シロキ など
合成石油系界面活性剤
例:ラウレス硫酸Na
  ラウリル硫酸Na
  ラウリル(ラウレス)硫酸アンモニウム
  ポリオキシエチレンラウリル硫酸アンモニウム など

シャンプーの選び方

近頃では「ノンシリコン」と書かれたシャンプーがよく販売されているだけにシリコンが悪い!というふうに思われがちですが…
シリコン=絶対使っちゃダメ というのは少し違います。
確かに ” ノンシリコン ” のほうが良い!のはそうなのですが、もっと1番気にしてほしいのは「洗浄剤」です。
上記にも記載したように「合成石油系界面活性剤」が入っていないかどうか!?ここに注目してください!!
水の表記に続いて上記の成分が使われていれば避けたほうがよいと思います。
書かれている順番が早い・多くの種類が入っている、ものほどコーティング系であるとされています。
 
ノン合成石油系洗剤 ➔ ノンシリコン の順番でチェックするといいと思います(^_-)-☆
 

合成石油系界面活性剤とは?

本来は床の洗浄になどに用いられる強力な洗剤
使い方を間違えたり、洗いすぎると、洗浄力がつよすぎて頭皮の皮脂を取り過ぎたり乾燥による皮脂障害の原因となり兼ねません。
 

※ 補足

シャンプーが「ノンシリコン」であっても、コンディショナーにはシリコンが含まれている商品はよくあります。
シャンプーもコンディショナーも両方こだわって使用したいのなら、セット商品だからセットで使わなきゃ!というのはやめて別々によい物を揃えるほうが、髪や頭皮にはイイのかもしれません♬
 

ノンシリコンについての記事もあります

[ວ]ノンシリコンシャンプーの罠!あなたは知っていますか?
こちらの記事でもノンシリコンシャンプーについて書いていますので、よければご覧ください。
内容はほぼ同じですが^^;